Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

アイスクライミングの救助訓練 by ANN News

2013年1月28日 09:09

YouTube に ANN News によるアイスクライミングでの事故を想定した救助訓練の様子がアップロードされています。栃木県日光市の雲龍渓谷だそうです。アイスクライミングが一般に放送されるのはなかなか珍しい。

アイスクライミングはピッケルに似た専用のアイスアックス(バイル)とアイゼンで凍った滝を登るスポーツ。アイゼンも前爪が縦刃の一本になっている専用のものを使います。筆者もちょっとやるんですが道具はいつもレンタル。そろそろ自分のが欲しくなって色々探しています。アイスアックス高いです。。。

一方、下野新聞に「雲竜渓谷の利用者安全協発足へ 日光」と題した記事が昨年に掲載されていて、それによると安全に鑑賞し楽しんでもらうためにマナー向上の啓発やルール作りを行う「雲龍渓谷利用者安全協議会」(仮称)を地元のガイドなどで立ち上げるそうです。

訪れる人はこれまで、アイスクライミングを楽しむ人など一部に限られていたが、昨年、同所が登山雑誌「山と渓谷」の表紙を飾ったことをきっかけに、急増したという。  民放テレビ局でも取り上げられ、2月初旬のピーク時は車の進入を防ぐゲート前に、県外ナンバーの車の列が、約1キロもできるほどにぎわうように。(中略)一方で、ゲートの目の前に駐車し、緊急車両の進入を妨げかねないマナー違反者も。ゲートからは行きが約3時間、帰りが約2時間の道のりにもかかわらず、冬山の格好にそぐわない軽装で訪れる、装備不足の人も目立つようになったという。

下野新聞には冒頭の訓練の様子も記事になっています。なるほど、すでにテレビに取り上げられていたんですね。で、事故を起こさないように、とこの放送になったわけかな。雲龍渓谷でのアイスクライミングや「雲龍渓谷利用者安全協議会」(仮称)についてはたびねすの記事に紹介されています。

ソース:ANN News (YouTube)
ソース:下野新聞

タグ:


衛星経由で位置やSOSが送信可能なGPS SPOT フォトレビュー by GIGAZINE

2013年1月23日 10:19

8000 m峰全座制覇した竹内洋岳さんも使用していた SPOT のフォトレビューが GIGAZINE に掲載されています。GIGAZINE では日本でも海外通販経由で購入可能かもしれないことを書いていますが今のところ日本では電波法違反となり使用できません。GIGAZINE くらいのページビューがあるサイトはそのへんの注意書きも必須だと思いますがもうちょっと配慮が欲しいなぁ。

SPOT は基本的には GPS 受信機・ロガーですが、通常のものと異なり衛星携帯電話の回線を利用して位置情報やあらかじめ決めておいたメッセージ、あるいは救助要請を送信できます。送信された位置情報はインターネット経由で見ることができます。公開設定をしておけば誰でも位置を確認可能で、竹内洋岳さんのアタック中の位置を追っていた方も多いと思います。

SPOT はグローバルスターという衛星携帯電話用の人工衛星を用いていますが、日本で許可されていないため電波法上使用することは出来ません。一年間の使用料は $99.99 ということでかなり安いです。日本で販売されていれば自分は絶対買っていますね。日本で許可されないかなぁ。これだけ遭難事故があれば持ちたいという人も多いと思うので日本でもビジネスになりそうですけど。

しかし同じく GIGAZINE からの記事にもあるように、最近インマルサットが日本でかなり安くサービスされるようになりました。月 4900 円ですので年間 6 万円以下で維持できます。本体価格がまだ高いですが、個人でも持てる価格になってきつつあります。

ソース:GIGAZINE

タグ:


ガーミン オレゴン 450TC/550TC ソフトウェア更新

2013年1月23日 09:41

ガーミンのハンディ GPS オレゴン 450TC および 550TC のファームウェア(内部ソフトウェア)がバージョンアップし最新版がいいよねっとに公開されています。公開されたファームウェアは 450TC は Ver. 3.0550TC は Ver. 2.3 で最新版で地図の陰影表示をしない際の表示が変更されるようです。

450TC は昨年末に Ver. 2.90 が公開されており、アドベンチャー機能という新機能の追加などがあったようです。詳しくはいいよねっとページまで

ソース:450TC ソフトウェアアップデート

ソース:550TC ソフトウェアアップデート

タグ:


NHK アスリートの魂でクライマー小田桃花さんの特集

2013年1月18日 09:28

NHK のスポーツドキュメンタリー番組「アスリートの魂」にスポーツクライマー小田桃花さんが登場します。放送は BS1 で 1 月 28 日(月)21:00 - 21:44。NHK 総合では 1 月 30 日(水)1:55~2:39 (29 日深夜)に放送。語りは俳優の萩原聖人さん。

去年、スポーツクライミング・リード競技の世界大会で 日本人女性初の優勝という快挙を成し遂げた小田桃花選手、18歳に密着する。 スポーツクライミング・リード競技は、人工的に作った壁のホールドという 突起物を掴み15mの高さを制限時間内にどこまで高く登れるかを競う競技。 小田選手は、身長154cmと小柄ながら、 たぐいまれな集中力と体の柔らかさを武器に、 体格に勝る欧米の選手と互角の 力強い登りをする。 「高い頂に登り、誰も見たことがない世界を見たい」 運動は大の苦手、木登りが大好きという18歳の夢と挑戦に迫る。

先日普通の方(?)との会話でクライミングってグーグルの CM のあれですよねって言われました。こちらは野口啓代さんですが、こんなのテレビ CM でやってたのね。知りませんでした。クライミングの認知度上がってるのかな?でもあれはボルダリングでちょっと違うんですけどね。(って難しいか)

ソース:NHK アスリートの魂の案内

タグ:


ノーヘルは無謀

2013年1月17日 09:36

このブログでもたびたび登山・クライミング中のヘルメットの着用を推奨していますが「ノーヘル(無帽/無防)クライミングは無謀です」という山 NET さんのブログ記事が面白かったので紹介します。昨年 12 月に湯河原幕山の喜望峰エリアで死亡事後があったそうです。ヘルメットをしていれば助かった可能性が高かった事例の紹介です。

著者はゲレンデスキーのときも、登山のときも、クライミングのときもヘルメット着用しています。使用しているのは左のペツルの軽量ヘルメットです。たしかにフリークライミングだとかっこつかないし、トップロープだと紹介したような事が起きる可能性は低いと思います。でもトップロープでも結構頭ぶつけるんですよね。ハングしている岩にごつんとか(自分だけ?)。紹介したブログ記事はなかなか説得力がありますので、ノーヘル派の方は是非読んでもう一度考えていただけると嬉しいです。事故をみんなで無くしましょう。

ソース:ノーヘル(無帽/無防)クライミングは無謀です | 山 NET

タグ:


山と渓谷、岳人、PEAKS の 2 月号発売中

2013年1月16日 09:25

3大山岳雑誌、山と渓谷、岳人、PEAKS の 2013 年 2 月号がそれぞれ発売になっています。

山と渓谷の特集は「山の"リスク"回避術100」。日ごろありがちな事例から予想されるリスクを回避し、危険に対処する100の方法。安全な登山を楽しむためい大いに役立つ特集です。第 2 特集は「冬季3000m峰登頂ガイド」。うわーヤマケイでこんなの特集しちゃうんでしょうか。

先月号からリニューアルした岳人。特集は「山スキールート20 初級から達人まで」。ゲレンデトップからの日帰りルートも紹介されています。そのほか最新ギアカタログや雪崩事故の実態と対策など。

PEAKS の特集は「こんな山旅してみたい "憧れプラン” を読者が実体験! 今年の全4プランを紹介」。第 2 特集は「こんなときどうする? 絶対に知っておくべきファーストエイド」。特別付録としてグラウンドシート等に活用可能なデュポン タイベック製北アルプス・南アルプスMAPが付いてきます。

ソース:山と渓谷社の案内
ソース:東京新聞の岳人の案内
ソース:枻出版社の案内

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)

< 戻る 12345678910 次へ >