Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

長野県内の遭難者の未組織率54%(91年)から82%(11年)に

2013年1月15日 08:50

中日新聞に「県、未組織登山者の遭難予防強化」と題した記事が掲載されていて、その中に長野県内の遭難者に占める未組織登山者の割合が載っていました。興味深かったので引用します。

未組織登山者とは山岳会などの組織に所属せずに登山をしている人たちで事故・遭難時の連絡体制が弱い点や技術やマナーを継続的に向上させづらい点などで山岳雑誌上などでもたびたび問題にされています。長野県内の遭難者のうち未組織登山者の割合は、1991年では54.0%でしたが2011年では81.7%に大幅に上昇しています。遭難者数自体も1991年の117人から2012年は279人と増えています。記事では長野県でこのような未組織登山者を対象とした DVD を作成する新規事業を始めるそうです。

中高年世代を中心とした登山人気の高まりに伴い、県内で山岳遭難が増えていることを受け、県教委は登山者へのヘルメット貸し出しや、登山に求められる基本的ルールを説明したガイド用DVD作製などの新規事業に乗り出す。山岳会など特定組織に所属しない「未組織登山者」を主な対象とし、遭難防止への取り組みを強化する。

登山は天候などの条件が揃えばハイキングの延長で比較的簡単に出来てしまうところが怖い点だと思っています。基本的に歩くだけですからね。しかし実際はルール・マナーがあり技術が必要なスポーツですのでそのことを忘れないようにしたいですね。

ソース:中日新聞

タグ:


あけましておめでとうございます

2013年1月8日 09:28

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始、遭難のニュースがいっぱい入ってきていますがみなさんはどこへ行かれたでしょうか。自分は八ヶ岳に行って赤岳を登りました。結構単独で入っている人が多くて驚かされます。頂上へは赤岳鉱泉や行者小屋のキャンプ場からのピストンになるので軽装で登るわけですが、ザックなしで登ってくる人が結構いてびっくりです。なんかあったらどうするんだろう?自分も重い60L級ザックはデポしてアタックザックで登るわけですが、手袋インナー・靴下の予備や非常食、テルモス、ツェルト、ヘッドランプなどなどいろいろ持ち歩いて登りますので日帰り用25Lザックがぱんぱんになります。ビーコン・スコップ・ゾンデももちろん常に持ち歩きます。

長野県警が「冬山で遭難しないために」というウェブページを公開しています。雪山は素晴らしい。だからこそ事故を起こさないように万全の装備で登ることにしませんか?

リンク:長野県警・冬山で遭難しないために

タグ:


特殊切手「日本の山岳シリーズ 第 2 集」発売

2012年12月28日 10:10

日本郵便株式会社が日本各地の様々な名山を題材としたシリーズの第 2 弾として、「日本の山岳シリーズ 第 2 集」という特殊切手を発売します。切手のデザインは春の山が題材で山の写真が印刷された 80 円切手が 10 枚付いてきます。発行は 150 万シート。オンライン販売サイト「切手SHOP」での販売開始は 1 月下旬頃からのようです。 印刷される山は富士山、筑波山、笠ヶ岳、伊吹山、飯野山、蔵王連峰、月山、両神山、ニ上山、くじゅう連山となっています。昨年販売された第 1 集は紅葉の様子を納めた秋をテーマにした切手だったようです。

送られてきた手紙にこんな切手が貼られていたら素敵です。山好きの方は是非入手してみてはいかがでしょうか。

ソース:日本郵便株式会社・特殊切手「日本の山岳シリーズ 第 2 集」

タグ:


リコール:モンベル アルパインクルーザー 3000

2012年12月27日 09:24

モンベルが今年新発売したアルパインクルーザー 3000 (#1129284) に塗装が落ちる不具合が見つかったとして回収・返金のアナウンスをしています。他の衣料品への移染や防水などの機能面の低下はないそうです。製造分は B 級品として販売を続けるとのことです。継続使用も OK でその場合は B 級品との差額を返金してくれるそうです。

アルパインクルーザー 3000 はこれまで採用していた OutDry +シンサレートから GORE-TEX デュラサーモに素材が変更されて今年新発売された冬期 3000m 級登山に対応する登山靴。色もこれまでの青からオレンジに変更されてます。

ソース:モンベルのアナウンス

タグ:


山を楽しむ 山岳ガイド・太田昭彦

2012年12月25日 08:55

MSN産経ニュースに山岳ガイド太田昭彦さんのインタビュー形式の記事(前半)後半)が載っています。山岳ガイドを利用して山岳事故を減らしましょう、という内容です。

 太田 いまは大衆登山の時代。以前は若い人が山岳会に入ってチャレンジしていた。山は魅力的だということで、20年ほど前からは多くの人々が登山を始め出した。ここ数年はさらに山登りを趣味にする層が広がった。老若男女が山を楽しんでいる。ただそうなってくると、問題も起きる。

 --問題?

 太田 観光やレジャーの延長で山に登ってしまう。2000メートル、3000メートル級の山までその感覚で入ってきてしまう。

山岳ガイドから学ぶ、というのはお金に比較的余裕があれば最も取りやすい選択肢だと思います。山岳会とかですと組織に縛られますし、まず人間関係がダメという人が若い人には多いと思いますし。ただ山岳ガイドは高価ですので、なかなか続かないと思います。難易度の高いところに行く場合は2〜3人1泊程度の山行で3〜4万円取られますからね。自分も年1回程度利用してレベルアップを図っていますが。それでも山岳会の仲間と一緒で、会のレベルアップを想定しています。本当に個人のレベルアップを目指すならば、最低月一回程度は行きたいところですし、それなら山岳会に入った方が自分は良いと思います。

ソース:MSN産経ニュース・前半後半

タグ:


ガーミン Oregon 550TC のファームウェアがバージョンアップ

2012年12月20日 09:14

ガーミン日本語版を開発・販売しているいいよねっとがハンディ GPS 受信機ガーミン Oregon 550 TC の新しいファームウェアを公開しています。公開されたのはバージョン 2.20 で、多くの改善・機能アップがあるようです。更新内容や更新方法は Oregon 550TC のソフトウェアアップデートサイトまで。

ソース:いいよねっとのアナウンス

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)

< 戻る 12345678910 次へ >