Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

積丹岳遭難死 道に1200万円賠償命令 札幌地裁

2012年11月20日 09:00

北海道新聞どうしんウェブに『積丹岳遭難死 道に1200万円賠償命令 札幌地裁 「救助隊に過失」』という記事が載っています。救助隊に過失があったことを裁判長が認めたということです。

判決によると、藤原さんは09年1月31日、スノーボードをしようと知人2人と積丹岳に登り、吹雪で遭難。途中で引き返した知人らが救助を求め、救助隊は2月1日、藤原さんを発見。抱きかかえて下山する際、雪庇(せっぴ)を踏み抜いて隊員とともに滑落し、さらに救助用のそりに乗せて引き上げようとしたが再びそりが滑落し行方を見失った。藤原さんは翌日発見されたが、搬送先の病院で凍死と確認された。

まだ地裁の判決ですし、最終的にどうなるか分かりませんが、今後こういうの増えるんでしょうか?医療ミスによる裁判もそうですが、命を張って助けに行った人たちに責任を求めるって自分の感覚ではありえないと思います。ちょっと衝撃を受けたので取り上げてみました。

ソース:北海道新聞どうしんウェブ

タグ:


クライミングの写真の撮り方

2012年11月16日 08:54

ロッククライミングの写真、こうやって撮っています」という記事を見つけました。かっこよくクラックをフィンガージャムをきめて登っていく写真。カメラマンの撮影方法がすごい!っという記事なのですが、これよく見るとロープ使ってない、、フリーソロ。カメラマンの撮影方法に驚いて、ロープなしに、、と二度驚いた記事でした。これ有名な人なのかな。。

ソース:ロッククライミングの写真、こうやって撮っています

タグ:


岳人、山と渓谷、PEAKS、12 月号発売

2012年11月15日 08:39

3 大登山雑誌、岳人、山と渓谷、PEAKSの 2012 年 12 月号がそれぞれ発売になっています。岳人と山と渓谷は雪山シーズン到来と言うことで雪山特集。PEAKS だけちょっと違った視点からの冬山特集となっています。

岳人の第 1 特集は「初冬の山と山ごはん」。第 2 特集は「山スキー初滑り&パウダー」。

山と渓谷の特集は「雪山に泊まる」 。さまざまな雪山での宿泊方法とその楽しみ方を徹底紹介。第 2 特集は「アイスクライミング」。別冊付録として「ヤマケイ・フォトコンテスト・カレンダー」2013 が付いてきます。

PEAKS の特集は「雪降る前の週末登山」。まだまだ登れる、とっておきの初冬の山。第 2 特集は「山のスマホアプリ徹底検証」。

タグ:


小川キャンパルテント展示・試泊会 at ezBBQ COUNTRY

2012年11月14日 08:57

アウトドアショップ marue outdoor が、同社が運営しているキャンプ場 ezBBQ COUNTRY にてテントメーカー小川キャンパルと共同でテントの展示・試泊会を行うそうです。今回展示されるのは登山には向かないモデルばかりですが、試泊ができるということでテント自体の作りを確認できそうです。オートキャンプなどに興味があってテントを探している、という方におすすめ。

最近自分も麓のオートキャンプ場で宿泊→翌日に登山ということが多くて、普通のオートキャンプ用のテントを物色中。。。このメーカーも候補の一つ。

リンク:marue outdoor 小川キャンパルテント展示・試泊会

タグ:


皇太子さま:御岳山と日の出山を登山

2012年11月14日 08:38

皇太子さまが奥多摩の御岳山 (929m) と日の出山 (902m) で登山をされたそうです(日経新聞の報道)。

皇太子さまは日の出山の山頂で「紅葉が素晴らしいですね」などと話し、持参したフィルムカメラで赤や黄色に色づいた木々の風景の写真を撮られた。

フィ、フィルムカメラですかっ、って思わず叫んでしまいました。デジタルじゃない古いカメラのことですね。アピールポイントということでしょう。

皇太子さまの過去の登山履歴一覧を作っている方がいるようです。それによると8月下旬に那須岳に登っているようですが、そのニュースは見逃していたようです。

ソース:日本経済新聞

関連記事:皇太子さま:大山に登山

タグ:


ワンダーフォーゲル 12 月号発売中

2012年11月13日 07:44

隔月の山雑誌「ワンダーフォーゲル」の 12 月号が発売になっています。

雪山の季節がやってきました。ということで保存版特集として「雪山読本」~1冊まるごと雪山でワンゲル!はじめての雪山をサポート。二部に分かれており第一部は「登山者ならいつかは登ってみたい憧れの雪山。アイゼンとピッケルを使った雪山登山のハウツー&フィールドを特集」。第二部は「雪山を歩くための用具、装備について懇切丁寧に解説します。最新カタログ付き」。

誌面の紹介が編集部ブログにあります。

ソース:出版社の紹介

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)

< 戻る 234567891011 次へ >