Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

SOTO から数量限定の MUKA ストーブボトルセットが発売

2012年10月24日 09:04

SOTO から先日の OutDoor Friedrichshafen 2012 の Outdoor Industry Award 2012 受賞を記念して 10 月 25 日より 500 個限定で MUKA ストーブボトルセットを発売します。MUKA ストーブ本体に追加して、限定カラーの 700ml 専用燃料ボトルおよびメンテナンスキット用収納ケースがつきます(メンテナンスキットも付属します)。販売も一部の店舗限定で行われます。

この冬、ガソリンストーブデビューをしようと思っている方によいキッカケになりそう?。自分は液燃ストーブ欲しいなぁと思いつつ今のところガスで満足しちゃってます。。。

ソース:SOTO MUKAスト-ブボトルセット

タグ:


SOTO、MUKA ストーブの無料お試しキャンペーンを再開

2012年10月3日 08:57

SOTO (新富士バーナー)が中断していた MUKA ストーブの無料お試しキャンペーンを再開するそうです(新富士バーナーのアナウンス)。

申し込むと、MUKAストーブ SOD-371、専用燃料ボトル700ml SOD-700-07、ポータブルガソリンボトル750ml SOD-750-07 の 3 点を 2 週間貸してくれます。 貸し出された製品はそのまま買い上げも可能。ただし、貸出し製品は使用済の製品だそうです。

ソース:新富士バーナー


タグ:


プリムスの新型ストーブ P-173 が発売開始

2012年8月22日 11:40

先日お伝えしたプリムスの新型ストーブ P-173 が発売開始されたようです。P-173 は定番だった高出力ガスストーブ P-172 の改良版でヘッドの部分が折りたためるようになり、携帯性が大幅に向上しました。P-173 の発売に伴って旧式の P-172 はカタログ落ちした模様です。P-172 から軽量化もされて 173g です。

P-172 と P-153 を持っているのですが、結論としては P-172 は登山にはオーバースペック。P-153 で十分。ただし米を炊いたりする場合は P-172 あるいはその新型の P-173 の方がうまくいきそう。比較したことないですけど。ゴトクも大きいですので、大型のなべを使う場合も安心です。重量差も P-173 なら 63g。

リンク:プリムス P-173

タグ:


プリムスから折りたたみ式に進化したガスストーブ P-173 登場

2012年7月25日 08:39

プリムスから定番&ロングセラー・ガスストーブ P-172 の進化版 P-173 がこの夏に登場するようです。 プリムスのウェブサイトを見ていて気がつきました。 バーナーヘッドが折りたためるようになり P-172 にくらべてコンパクトに収納可能になったようです。 重量も 184g から 173g へと軽量化。ただし出力も 4,200kcal/h から 3,800 kcal/h へと少し低下しています。 計測に使用しているガスの種類が U から T へ変更されていて、ウェブサイトをみるといつの間にか ウルトラガス (U) ってなくなったんですかね。。。 この夏発売となっていますが P-173 はまだ発売開始されていないようです。

リンク:プリムス P-173

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)