Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

iPhone 版山と高原地図、iOS 6 に対応

2012年9月24日 08:23

先日 iPhone 版山と高原地図が iOS 6 に対応していない、とお伝えしましたが、その対応版がリリースされたようです。ただしマップルの案内によると iPhone 5 への対応は現在検証中とのことです。

ソース:マップルの案内

タグ:


iPhone 版山と高原地図、iOS 6 ではまだ動作せず

2012年9月14日 08:19

マップルによると iPhone 版「山と高原地図」を、 9/19 リリース予定の最新 iPhone 用 OS である iOS 6 のベータ版(開発者向け版)で試したところ、ルート記録機能に不具合が見つかり、この問題に対応するまでに利用予定のあるユーザは iOS 6 へのバージョンアップ(インストール)を行わないようにアナウンスしています。

昨日、 iPhone 5 が 9/21 発売開始と発表されましたが、最新の OS である iOS 6 はそれに先駆け 9/19 にリリースされます。

(UPDATE: 9/24) 対応版がリリースされました。

ソース:マップルのアナウンス

タグ:


ドコモ長野支店が北アルプス白馬・穂高・槍の通話エリアマップを作成

2012年9月10日 08:15

信州山小屋ネットの記事で知りましたが、ドコモ長野支店が独自に北アルプス、白馬・穂高・槍エリアでの FOMA (ドコモの携帯電話)の通話エリアマップを作り、登山専門店や山小屋、交通機関など100カ所以上で無料配布しているそうです。

記事によると同様の地図が同支店のインターネットサイト「信州旅歩記(たびあるき)」で確認できる、あり早速見てみました。残念ながら Mac の Safari ではうまく表示されず、Firefox でもかろうじて一部表示されますがスクロールや拡大縮小がきかないようです。Windows の IE だと動くのでしょうか。。。しかし驚いたことに Firefox だとまるまる地図の画像がダウンロードできてしまうようです。。


ところで通話エリアマップは昭文社の「山と高原地図」をベースに通話可能エリアの登山道を赤で着色、通話不可エリアを灰色で着色していますが、ベースになっている「山と高原地図」の情報は薄く残っていますので、コースタイムや難所、水場などの情報がまるまる参照可能です。裏技的ですがちょっと白馬・穂高・槍エリアの登山道情報をちょっと参照したい方にはかなりおすすめ。

ソース:信州山小屋ネットの記事

タグ:


新しいオンライン25000分の1地形図が国土地理院より刊行

2012年8月30日 08:27

国土地理院の発表によると、本日 8/30 より(財)日本地図センターを通して新しい 25000 分の 1 地形図の販売を始めます。これまでも TIFF 形式による地図画像データを 1 図葉 170 円で販売していましたが、今回新たに刊行するオンライン地形図の特徴として、(1)地図の範囲を自由に指定可能になり、これまでの地図で欲しい山域が複数の図葉にまたがっていた場合でも1枚の地図として購入可能に(1枚として購入できるのは従来同様 A2 相当のサイズまで)。(2)画像サイズの指定 (A2, A3, A4)。(3)縦横選択。(4)出力形式の選択(PDF, TIFF, JPEG)。(5)鉄道の表現方法および等高線の有無の選択が可能になっています。まずは北海道から刊行を開始し、年内をめどに全国へ拡大。値段は従来と変わらず 1 画像 170 円。購入は(財)日本地図センターのネットショップから可能になる予定です。

国土地理院の発表にサンプルの PDF が掲載されています。PDF を選択するとこれと同じものが得られるのでしょうかね。というのも拡大するとちょっと等高線が密になっている部分の解像度が若干不足気味。磁気偏角などは地図に余白部分に掲載されていますが磁北線などは当然引いてありません。解像度の件はあとで実際に印刷して確かめてみようかと思います。

ソース:国土地理院の発表

リンク:(財)日本地図センターのネットショップ

タグ:


電子国土、新 Webシステムを試験公開

2012年7月30日 08:32

国土地理院が電子国土の新バージョン Ver 4.0 の試験公開を開始しました。前回のテスト公開から 1 ヶ月と少したちましたが、今回の試験公開により 25000 分の 1 地形図の全国がカバーされています。Ver 4.0 はウェブ地図の標準的なライブラリである OpenLayers に対応しており、他のウェブ地図などと容易に組み合わせることが可能です。これを執筆している時間はすいているのかかなりサクサク動いています。

リンク:電子国土の新バージョン Ver 4.0 試験公開

タグ:


ヤマケイから iPhone アプリ「ヤマケイ登山地図ビューア」リリース

2012年7月11日 07:55

今度はヤマケイから iPhone 向け登山地図アプリ「ヤマケイ登山地図ビューア」がリリースされました。アプリのダウンロード自体は無料。地図は山と溪谷社のガイドブック「アルペンガイド」などがベースとなっていてアプリ内から購入します。

GPS を利用した現在位置表示のほかにトラックログ機能、コンパスのオーバーレイ表示などがあります。サンプルとして、北八ヶ岳・白駒池周辺の地図が一緒についてきます。

現在用意されている地図は「アルペンガイドデジタルマップ 八ヶ岳 北部」「同 八ヶ岳 南部」の2カ所。それぞれ 350 円。

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)

123 次へ >