Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

やまだらけブログ

山のニュースや山に関する新製品の情報、やまだらけの活動報告をブログ形式でお伝えします。

電子国土、新 Webシステムを試験公開

2012年7月30日 08:32

国土地理院が電子国土の新バージョン Ver 4.0 の試験公開を開始しました。前回のテスト公開から 1 ヶ月と少したちましたが、今回の試験公開により 25000 分の 1 地形図の全国がカバーされています。Ver 4.0 はウェブ地図の標準的なライブラリである OpenLayers に対応しており、他のウェブ地図などと容易に組み合わせることが可能です。これを執筆している時間はすいているのかかなりサクサク動いています。

リンク:電子国土の新バージョン Ver 4.0 試験公開

タグ:


電子国土Webシステム Ver. 4 固定ピクセル版

2012年7月10日 08:28

固定ピクセルタイル画像による地図に変更になる電子国土システム version 4 の解説ページが 7 月 4 日に更新されています。また「電子国土WebシステムVer.4地図閲覧ページについて」というページも 5 日に新しく追加されたようです。

更新されたページには暫定版として OpenLayers を用いた JavaScript コードのサンプルが掲載されています。

リンク:電子国土システム version 4 の解説ページ

リンク:電子国土WebシステムVer.4地図閲覧ページについて

タグ:


『電子国土賞』受賞作品と『電子国土賞ロゴマーク』が決定

2012年6月21日 08:39

『電子国土賞』受賞作品と『電子国土賞ロゴマーク』が決定しました。電子国土賞を受賞したのは以下の作品。

モバイル部門:東京時層地図QZS Prove Tool

PC部門:カシミール3D基盤地図対応GDAL/OGR 地図太郎シリーズ「地図太郎」「地図太郎PLUS」交通情報管理解析システム (リンク先 PDF)。

コンテンツ部門: スカイビュースケープ「山っぷ」(山岳立体地図画像)、 3Dプリンターによる被災地の詳細立体地形模型の作製 (リンクなし)、 歴史的農業環境閲覧システム文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト

電子国土賞ロゴマーク」は香川県在住のグラフィックデザイナー、垂水秀行さんの作品に決定しました。

また、電子国土功績賞として、 FieldAccessArcGIS DesktopPlugXシリーズヤマレコが選ばれました。

それぞれ本日から開催されるG 空間 EXPO 2012 にて表彰されます。(表彰は22日金曜日)

ソース:国土地理院の発表

タグ:


電子国土WebシステムVer4ラボサイトがオープン

2012年6月21日 08:16

電子国土 Web システム Ver4 ラボサイトがオープンしました。電子国土 Web システム Ver4 は Google Maps や Open Street Map と同様の 256 ピクセルの正方タイル画像によるウェブ地図で、Google Maps と同様に OpenLayers で表示することが可能になります。

ラボサイトでは一部の地図のみであるものの実際に OpenLayers で表示されています。全データでの試験公開は7月後半を予定しているとのことです。電子国土 Web システム Ver4 についての詳細は電子国土ポータルにある「電子国土WebシステムVer.4の開発状況や仕様について」に掲載されています。

リンク:電子国土 Web システム Ver4 ラボサイト

リンク:電子国土WebシステムVer.4の開発状況や仕様について

タグ:


地図と測量の科学館で企画展「体感-地図っておもしろい~地図のたのしみ方・つかい方を新発見~」を開催

2012年6月19日 06:18

つくば市にある地図と測量の科学館で 6 月 26 日から 9 月 17 日までの間、企画展「体感-地図っておもしろい~地図のたのしみ方・つかい方を新発見~」が開催されます。入場料は無料。

 本企画展では、私たちの身のまわりにある紙に描かれた沢山の地図、デジタルデータ化され空間情報として表現・表示された地理空間情報を紹介します。子供から大人まで、日ごろ地図に接することの少ない「地図初心者」の方には地図に興味・親しみを感じてもらえるよう、一方、「地図の好きな方」にはその魅力をさらに感じていただけるような楽しいものになっています。さらに、展示を通じて、防災・減災も考えていただければ幸いです。  また、夏休みを中心に「測量体験教室」をはじめ数々の体験プログラムを予定しています。

地図と測量の科学館なんてものがあることを知りませんでした。夏休み企画のようですので子供がいる家族の方は是非。

リンク:国土地理院 報道発表資料

リンク:地図と測量の科学館

タグ:


国土地理院、標高がわかるWeb地図を試験公開

2012年6月13日 08:34

国土地理院が 12 日に標高がわかるWeb地図を試験公開しました。

レーザー測量などで得られた最小 5 m 四方間隔、標高誤差 0.3m のデータなど複数の情報を元にして得られた標高データに基づき、右クリックされた地点の標高を表示します。

このシステムの活用により、津波災害に備えた避難場所の選定、水害時における氾濫地域や水没危険箇所の予測などに役立つ基礎的な情報が容易に得られ、公共機関における防災計画の策定や見直し、ハザードマップの作製や見直しへの活用だけでなく、個人における防災意識の向上に繋がっていくことが期待されます。

ソース:国土地理院

タグ:





(申し訳ありません、当ブログではコメントやトラックバックができません。ご意見・コメントなどはメールでお願いします。その際、ブログで紹介してもよいかもあわせて教えていただければ、ブログの記事としてコメントを紹介したりします。)

12 次へ >