Top | 日本の山岳データベース | GPS 入門 | 装備品 | 本棚 | 技術研究本部 | ブログ || 旧ウェブサイト

ヘッドランプ

必須装備。通称ヘッデン。低山でも持ち歩きます。 緊急時およびテント内での照明用です。

装備品


83 g 下の Tikka XP が子供に取られたので自分用に 2012 年 6 月に購入。また Petzl にしてしまいました。XP とほぼ同機能で軽量なのでこれを購入。単 4 電池 3 本。重量はバッテリ込み。単 4 エネループプロで使ってます。

PETZL TIKKA XP
94 g 単 4 電池 3 本使用。重量はバッテリィ込み。 山に行かない時でも常に持ち歩いています。 レンズ切り替えが簡単に可能で、 ややスポット気味の光と拡散光とを使い分けることが出来ます。 照度がかなりありますのでほとんど拡散光で使っています。 バッテリィ・インジケータが付いてますので、 あとどのくらいバッテリィが持つのかおおよそ知ることができます。 すでにカタログ落ちしています。 ほぼ同じ性能のものでタクティカ XP というのがあります。

PETZL TIKKA PLUS
78 g 同じく単 4 電池 3 本使用。 こちらは予備なのですが A 氏と行動する時は貸しています。 TIKKA XP と比べてしまうと暗いですが、 緊急時用&テント・キャンプ地用でしたら十分だと思います。 夜間のテント場でのトイレなどにも十分です。重量はバッテリィ込み。 こちらもすでにカタログ落ち。現行機種で一番近いのは Tikka 2 でしょうか。

蘊蓄

早立ちや夜間行動は今のところ想定していませんので完全にテント内での照明&緊急用です。といいつつややオーバスペック気味のを持っています。もちろん低山でも持ち歩きます。ほとんど使いませんのであまり強いこだわりは今のところありません。 と思いつつ、この前日没までにキャンプ地に戻れない、という大失態をしてしまいまして大活躍しました。Tikka Plus 2 でガシガシ懸垂下降を繰り返しましたが問題なし。持ってて安心ヘッドランプ。みなさん絶対にヘッドランプはもって歩きましょう!

2012年12月24日更新   ▲ Top


登山靴 ヘッドランプ クッカー ストーブ テント GPS カメラ 通信機器 PC

「山の装備品」へ戻る



Copyright © 2007-2012   やまだらけ   無断転載禁止   Since 2007/7/26   このウェブサイトについて
当ウェブサイトで使用しているテキスト、情報、画像等の権利は、明記してある場合を除き全て やまだらけ に帰属します。無断転載は一切禁止します。 当データベースの情報に限り、複製・二次利用等は出典を明記すれば自由に行うことができます。